以下では、Biwanタイプの金鋼時計M79543-0001の1つをお楽しみください。

チューダーは、今年のバーゼル展示会で、新しいBiwanタイプ32、36、41ゴールドスチール(ブラックベイ32/36/41 S&G)ウォッチを発売しました。古典的な要素が設計されると同時に、ブランドはそれに新しい血を注入しました。以下では、Biwanタイプの金鋼時計M79543-0001の1つをお楽しみください。

    チューダーが発表した新しいBiwanタイプの32、36、41ゴールドスチールモデルは、Biwanシリーズの伝統的な美的特徴を今も示しています。いつものように、信頼できる時計。

    時計のケースは、磨かれたマットスチールで作られており、丈夫で信頼性の高い素材になっています。艶消し金で作られたベゼルにより、鈍い金属光沢が黄金時代のビンテージ感を明らかにします。この時計は、さまざまな人々のニーズを満たすために、32、36、41 mmのサイズで入手できます。

    側面の「ビッグクラウン」デザインは、チューダーダイブウォッチの第一世代の典型的な機能を引き継ぎ、オペレーターの便利な操作と正確なタイミングを保証します。クラウンは金でできており、上部には滑り止めの質感があり、上部にはエンボス加工のチューダーローズがあります。

    新しいBiwan時計には、2つのディスクデザインがあります。ブラックラッカーダイヤルと、時計のマーベリックデザインを際立たせるブラックラッカーダイヤルを備えたマットシャンパンダイヤルです。静かな黒いディスクは、1950年代のダイブの本質を体現し、「スノー」と呼ばれるコレクターの角張った指を使用し、手と時間マーカーは手首を確保するために発光コーティングで覆われています。時計は薄暗い状態でもはっきりと読むことができます。

    モデルには、約38時間の電力貯蔵を提供する2824自動巻き機械式ムーブメントが搭載されています。時計には、このシリーズのためにチューダーが特別に設計した新しい5列チェーンゴールドスチールストラップが装備されています。新しい5列チェーンゴールドスチールウォッチは独創的に設計され、外側のリンクはつや消しスチールで作られ、中間のリンクは磨かれたスチールで作られています。マットゴールドの2列の間にあるマットチェーンで作られた3つの素材が混ざり合って、新しい視覚的魅力、着心地、美しいスタイル、あらゆる場面に適しています。

    Tudor Biwanシリーズは、伝統的なクラシックと現代的な技術を組み合わせて、Tudorブランドの優れた時計製造の職人技と完璧な時計製造の美学を紹介します。デザインはあなたに合うように設定されています。

オメガに詳しい友人は、今年がオメガブランドにとって特別な年になることを知っています

オメガに詳しい友人は、今年がオメガブランドにとって特別な年になることを知っています。人類史上初めての1969年、月は成功し、スーパーマスターシリーズは、月面に宇宙飛行士がいる史上唯一の月面着陸時計にもなりました。この素晴らしい日を記念して、オメガはスーパーマンの記念日の限定版ウォッチを発表しただけでなく、世界中で関連するお祝いを開催しました。今日、オメガは北京のランドマークであるビジネス地区の王府井通りに最大8メートルの黄金の宇宙飛行士の像を設置しました。この黄金の「リトルゴールデンマン」はメディアと訪問者を驚かせ、オープニングシーンに一緒に行きました。ご覧ください。

        北京の中心に位置する王府井通りは合計1818メートルで、南から北に4つのセクションに分かれています。国内の多くの人々にとって、王府井を訪れ、北京の万里の長城を登ることは不可欠な課題です。王府井通りには、多くの時計ブランド、小売店などもあります。王府井通りにある最大8メートルの彫刻は、オメガブランドにとっても非常に重要であり、訪問者に超覇権と月面着陸についての物語を伝えます。

          黄金の宇宙飛行士の像は、除幕式の前日に王府井通りに運ばれたといわれており、最大8メートルの彫刻は数トンといわれており、輸送と取り扱いは非常に難しいプロセスです。北京、上海、重慶などの都市に加えて、象徴的な建物やビジネス地区にも立ち、オメガ黄金宇宙飛行士の像を保持します。

       月面着陸の成功の50周年を記念して、オメガはスーパーマスターシリーズの記念日の記念値を発表し、今年321エースの動きを再開することも発表しました。

        1969年、月の最初の人間の反目を祝うために、オメガはスーパーマスターウォッチを導入し、NASA宇宙プログラムに参加している宇宙飛行士に発表しました。 2019年、オメガは1969年の人類の着陸の成功を記念して、人類の最初の月面着陸50周年の黄金記念日を記念して、新しいスーパーマスターウォッチを発売しました。この時計は1,014個に限定されており、O天文台ムーブメントへのオメガ3861手動巻きが装備されています。

        この新しいスーパーマスターシリーズは6,969個に限定されています。月へのアポロ11ミッションの輝かしい瞬間に触発されたこの時計は、新しいムーンシャイン18Kゴールドスミスで作られた多くのユニークな機能を備えています。特に目を引くのは、9時位置の小さな文字盤がバズ・アルドリンが月の表面に向かってはしごを上る様子を示しているのに対し、時計の裏側には宇宙飛行士の足跡とニール・アームストロングの伝説的な古典が描かれていることです。 。

時計製造の世界では、ブレゲのブランドはユニークで重要な位置を占めています。

時計製造の世界では、ブレゲのブランドはユニークで重要な位置を占めています。ブランドの創設者であるアブラハム・ルイ・ブレゲは、比類のない熱意と革新的な先駆者としての数々の功績で数々の賞を受賞しました。最近、北京のSKPショッピングモールにあるBaodiブティックを訪れた時計屋では、ブレゲシリーズの美しいコレクションを楽しみました。私はこの時計の絶妙な職人技と優れた性能に深く感銘を受けたので、カウンターに行って試してみたいと思います。

       ブレゲマリンセーリングシリーズ5887トゥールビヨンタイム方程式は、トゥールビヨン、タイム方程式、永久カレンダーのコレクションで、この複雑な時計は、ブレゲマリンセーリングシリーズを新しい時代に象徴しています。永久カレンダーは誰もが使い慣れたもので、日付、週、月を表示でき、特別な年と月を自動的に識別でき、ユーティリティ機能は非常に強力です。時間方程式の表示は、平均太陽時間(「平日時間」)と実際の太陽時間(「実際の太陽時間」)の差を示す特に魅力的で複雑な機能です。 60秒のトゥールビヨンは時計に機械的な美しさを追加し、ロータリーの時計製造技術が展示されています。

       時計の直径は43.9 mm、18Kローズゴールド製で、ベゼルは磨かれて温かみのある光沢があり、ケースの外縁にはコインが飾られており、すぐに識別できます。視覚的な結果を改善するために、中央のラグは交互に磨かれ、サテン加工されています。片側のクラウンは、洗練されたサテン仕上げで磨かれ、磨かれた「B」サンプルカードロゴが刻まれ、滑り止めのテクスチャーデザインで、一流の感触で、時間の調整が簡単で滑りにくいです。

       シルバーメッキのゴールドダイヤルの前面には2種類の刻まれた模様が施されており、中でもこの時計には絶妙な波状の模様がデザインされており、スプレーはきらめいてきらめきます。ダイアルには10時から11時までの日表示ウィンドウがあり、月とカレンダーは1時から2時まで表示され、パワーリザーブ表示は7時から9時まで設定されています。アンカーパターンの逆行ポインターが針の先端に取り付けられ、日付を示すためにファンがスケールリングの内側で9時から3時の間で回転します。ディスクの表面は慎重にレイアウトされており、美しくシンプルであり、時間情報は直感的かつ明確に読み取ることができます。

       60秒のトゥールビヨンは4時から5時の間に設定され、シリコン製のヒゲゼンマイが付いたチタン製のフレームに伸縮式のバランスホイールが組み込まれています。この革新的な設計により、自動巻きムーブメント用に最大80時間の完全に動的なリザーブを提供しながら、天びんを最大4 Hzで振動させることができます。トゥールビヨンは時分割カムと同軸に走り、透明なサフ​​ァイアディスクを通してトゥールビヨンのメカニズムが目の前ではっきりと見えます。

       ムーブメントの細部は遮るものがなく、ロイヤルネイビーの一級戦艦「ロイヤルルイ」が橋の上に丁寧に刻まれており、時計仕掛けの箱にはウィンドローズの航海コンパスパターンが飾られています。自動ハンマーはムーブメントの外縁にあり、豪華な装飾がムーブメントに魅力を加えています。

今日まで、ブランドの創設者であるアブラハム・ルイ・ブレゲは、その卓越した才能で時計製造の世界に多大な貢献をしてきました。重要かつ複雑な機能として、トゥールビヨンは将来の世代に大きな影響を与え、ブレゲはトゥールビヨンの魂に触れ、その並外れた時計製造スキルを備えた時計と時計の世代を作り出すことができます。

時計AB01211B1B1X2を楽しむための例として、航空タイミング1B01クロノグラフウォッチ43 Swiss Air Special Editionを取り上げます。

ブライトリングは、航空分野では常に無視される立場にあり、1915年以来、飛行の先駆者に最初の航空クロノグラフ時計を提供してきました。ブライトリング航空クロノグラフの出現は、パイロット、特にボーイングやダグラスなどの国際便または大陸間便を運転したファッショナブルなパイロットに好まれました。今年のバーゼル展示会で、ブライトリングは、スイスの有名な航空会社に敬意を表しながら、前世紀中期と後期のクールなデザインスタイルを再現しながら、航空特別版時計の最初のカプセルシリーズを発売しました。次に、時計AB01211B1B1X2を楽しむための例として、航空タイミング1B01クロノグラフウォッチ43 Swiss Air Special Editionを取り上げます。

    ブライトリングがリリースした航空タイミングシリーズ航空会社の特別版は、民間航空のパイオニアに敬意を表し、その時代の象徴的な航空会社を記念することを目的としています。この新しい特別版の時計は、フライングスライダーなどの航空タイミングシリーズの古典的なデザインを継承し、同時に1960年代と1970年代のレトロな個性的なデザインを設定し、再びトレンドをリードしています。

    この時計は43 mmのスチール製ケースを備えており、双方向回転ベゼルのクラシックな溝は瞬時に認識でき、合計60の溝がそれぞれ目盛りを表しています。側面から移動できるスライド部分は、グリップのグリップを強化するために研磨プロセスで仕上げられています。洗練された洗練されたクラウンは、ブライトリングのクラシックな「B」を刻み込み、簡単に調整できるようにクラウンの周りに滑り止めのテクスチャーを備えています。

    パネルのデザインは誰もが慣れ親しんでいる必要があります。黒のアウターリングと赤と白のアウターリングをフライングスライダーと組み合わせて、燃料消費率、航海時間、燃料消費量などのさまざまな実用的な計算を実行できます。操作を実行します。赤いポインターは表面上で交差しており、非常にダイナミックでモダンです。

    銀色の3つの機能パネルは、黒のパネルで非常に人目を引き、日付表示ウィンドウも4時と5時の位置の間に設定されています。赤、白、黒、3つの異なる色の衝突、前世紀中期および後期のユニークなトレンドスタイルを示しています。この時計は、時計の全体的なスタイルに合ったビンテージブラックレザーストラップとペアになっています。このブランドは、テーブルフレンドのさまざまな着用ニーズを満たすために、ステンレススチール製の織りブレスレットのモデルも導入しました。

    ムーブメントにはブライトリングの自作01ムーブメントが装備されており、この自作クロノグラフ機械式ムーブメントは業界で最も精密なムーブメントの1つと見なされており、精度と信頼性を失わない。透明なケースの背面カバーにより、ムーブメントの外観を鑑賞できるだけでなく、スイス航空に敬意を表して、スイス航空のロゴも刻まれています。

この時計は、デザインとカラーマッチングが本当に驚くべきもので、クラシックとは趣が異なります。その後、ブランドは航空会社に敬意を表する他のモデルを導入し続けます。

【関税込】国内即発Christian Louboutin ルブタンsneakersラバーiPhone7&8ケース 1185105 M283

iPhone7,8対応
1185105 M283
iPhone7,8 Plus対応
1185122 M283
☆カラー
レッド/ブラック(赤/黒)
☆素材
プラスチック
☆付属品
ブランド専用箱
保存袋

セレブ愛用ブランドのルブタン。
アンジェリーナジョリーなど有名女優をはじめ、梨花さんなどのおしゃれに敏感なセレブが愛用しています。

ルブタンのレアなiPhoneケース。
希少性の高い、ブランドロゴが刻印されたルブタンらしい赤がベースのスマホケースです。エレガントながら携帯電話を保護します。
ユニセックスの商品ですので、メンズ/レディースどちらの方にもお使いいただけます。

【関税補償】LVからもついに出た最小サイズ☆最新ミニ財布 M58880

【色】マリーヌルージュ  ゴールド金具
【大きさ】9.5 x 7.5 x 3.0 cm

【素材】モノグラム・アンプラント レザー(皮革の種類:牛革)
ライニング:レザー(皮革の種類:牛革)
クレジットカード用ポケットx5
背面フラットポケット
ファスナー式コインケース
スナップボタン開閉式
【付属品】保存袋、ショップ袋、お箱

現在入手困難品の大人気モデルです。
コンパクトながらもコインケースやカード入れ、お札入れ全てを兼ね揃えた 超優秀な機能性抜群のお財布♪
日本札も全種類 きちんと入る驚きの収容力!

素材は最高級アンプラントレザー♪
アンプラント特有のエンボスが施されたモノグラム柄がエレガントな逸品です。
美しいネイビーブルーに、レッドのアクセントが入ってとってもエレガント♪
LOUIS VUITTONらしいハイセンスが光る極上の逸品です。
あなたを素敵にエレガントに引き立ててくれます★

ブルガリのメンズ腕時計「オクト フィニッシモ」世界最薄の機械式クロノグラフ、GMT機能を搭載

ブルガリ(BVLGARI)のメンズウォッチ「オクト フィニッシモ」から、世界最薄の機械式ウォッチ「オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT オートマティック」が登場。

「オクト フィニッシモ」は、建築やモダンな家具などを彷彿させる、ラウンドとスクエアが融合した八角形のケースデザインが人気の「オクト」極薄モデル。

新作「オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT オートマティック」には、世界最薄3.3mmの高精度な自動巻き式ムーブメントによる、ケース厚6.9mmの機械式クロノグラフを採用した。また、9時の位置にあるボタンには、現地時間に針修正ができるGMT機能も搭載。出発地の時刻は、3時の位置にある24時間表示のサブカウンターで確認できるため、海外出張といった時差の生じる場面でも活躍する。

デザインは、チタン製のシルバーのボディに、ブラックの針とアワーマーカーがアクセントになった無駄のないフォルムで、男性らしさを際立たせるウォッチに仕上がっている。

【詳細】
ブルガリ「オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT オートマティック」(SAP103068)
発売時期:2019年6月
<仕様>
ケース:42mm、厚さ 6.90mm、サンドブラスト加工のチタン製、透明ケースバック、セラミックを施したチタン製リューズ
ダイアル:チタン製ダイアル、ブラック PVD プレート針
ブレスレット:フォールディングバックル付きのサンドブラスト加工のチタン製ブレスレット
ムーブメント:マニュファクチュールムーブメント、プラチナ製&アルミニウム製マイクロローターによる自動巻き(双方向)、キャリバーBVL 318、コート ド ジュネーブ、面取り仕上げのブリッジ、ペルラージュ仕上げのベースプレート、厚さ 3.30mm、直径 37.2mm、振動数 28,800回/時、55時間パワーリザーブ
防水性:30m防水

ブルガリ オクト フィニッシモ 102469BGO40BSPGLXT/SK

ケース径:40.00mm
ケース素材:SS製ケースにブラックのDLC(ダイヤモンドライクカーボン)仕上げ
防水性:30m
ストラップ:ブラックアリゲーター製ブレスレット、ブラックのDLCコーティングを施したチタニウム製アーディヨンバックル
ムーブメント:手巻き、Cal.BVL128SK、65時間パワーリザーブ
仕様:スモールセコンド、18K ピンクゴールド製ベゼル、シースルーケースバック、セラミックをあしらった18K ピンクゴールド製リューズ

 2018年5月14日、仏国カンヌで開催された第71回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットにオーストラリア出身のモデル ジョーダン・バレットが、映画「Black Klansman(原題)」のプレミアに登場しました。

 ジョーダン・バレットは、ゴールドケースにアリゲーターストラップの時計「オクト フィニッシモ」と「ビー・ゼロワン」のパーフェクト ミステイクのリングを着用しました。

今年のジュネーブ展で、Audemars Piguetの最も注目に値するのは新しいCODE 11.59シリーズの発売です。

今年のジュネーブ展で、Audemars Piguetの最も注目に値するのは新しいCODE 11.59シリーズの発売です。愛は互いに大胆な進歩を遂げ、過去の伝統的な美学を覆し、独自の美的概念で古典的な円形を再解釈しました。新しくリリースされたCODE 11.59シリーズに加えて、Royal Oakシリーズも詳細に調整されました。 Audemars Piguetがこのジュネーブ展示会で私たちにもたらした新製品のいくつかを振り返ってみましょう。

    Audemars Piguetによって発売された今年の新シリーズは、ブランド開発プロセスの間に発売された最も重要で幅広いシリーズの1つです。このシリーズの最大の変更点はケースです、それは層状の外観を作成するために丸いケースで八角形の中央部分で設計されています。さらに、中空の文字盤は美しいトゥールビヨンを装備した複雑で正確なムーブメント構造を示しています。AudemarsPiguetの新しいトゥールビヨンウォッチは多くの驚きと言えるでしょう。

    オーデマピゲロイヤルオークシリーズは今年、このシリーズの古典的なデザインを受け継いだクロノグラフを発表しました、今年、オーデマピゲは古代の板金加工でこの新しい時計を作成しましたクリームゴールドの表面はダイヤモンドのような効果があります。梅紫色のダイヤルとつや消しのゴールドケースは色が際立って対照的であり、そしてこの時計は200個に制限されています。

    上記のスケルトントゥールビヨンウォッチに加えて、新シリーズはまたブルーまたはブラックラッカーダイヤル付き18Kローズゴールドまたは18Kホワイトゴールドケースに4クロ​​ノグラフウォッチを発売しました。この時計のムーブメントは、70時間のパワーリザーブで、インスタントジャンプデイト、統合されたコラムホイールタイミング構造とフライバック機能を備えています。

    Audemars Piguetは今年、「迷彩」の要素を新しいモデルに取り入れて、クールな色を演じるためにRoyal Oak Offshoreシリーズを発売しました。新しいオフショアシリーズでは、Audemars Piguetはセラミックを使用してベゼルを作成していますが、セラミック材料はステンレス鋼よりも硬く、「MégaTapisserie」特大のチェック柄が付いているため、クラシックの新しい趣味があります。

カール F. ブヘラ マネロ フライバック レトロ 00.10919.08.33.02

カール F. ブヘラ マネロ フライバック レトロ 00.10919.08.33.02

Ref.:00.10919.08.33.02(ブラックダイアル)、00.10919.08.93.01(ブルーグレーダイアル)
ケース径:43mm
ケース厚:14.45mm
ケース素材:ステンレススティール
防水性:3気圧
ストラップ:クーズーレザー(ブラックダイアルモデル)、ルイジアナ産アリゲーター(ブルーグレーダイアルモデル)
ムーブメント:自動巻き、ラ・ジュー・ペレ社製クロノグラフ
仕様:フライバック付クロノグラフ、日付表示、ドーム型両面無反射コーティングサファイヤクリスタル、サファイヤクリスタル製ケースバック

CARL F. BUCHERER(カール F. ブヘラ) 銀座でスイス ルツェルン生まれのスタイリッシュな時計を。「カール F. ブヘラポップアップショップ」

  人気モデルから今年の新作まで、カール F. ブヘラウォッチの多様なコレクションから、自分のスタイルに最もふさわしい1本を見つける機会をご用意しました。

ジン 日本限定モデル U2.J-SBF

ジン 日本限定モデル U2.J-SBF

ケース径:44.0mm
ケース厚:15.5mm
ケース素材:Uボート・スチール
防水性:200気圧(2,000m)
ストラップ:シリコン
ムーブメント:自動巻、Cal.SW300-1、25石、毎時28,800振動
仕様:日付表示、午後の時間帯表示目盛り、テギメント加工+PVD加工を施した特殊結合方式のダイバーベゼル(硬度1,500HV)、Ar ドライテクノロジー搭載
限定:日本限定50本

 Uシリーズのケース素材であるドイツ最新鋭潜水艦の鋼鉄Uボート・スチールは、海水耐性が優れているだけでなく、表面硬度が非常に高いといった特徴があります。特殊結合方法で固定された回転ベゼルは、セラミック以上の高硬度1,500ビッカースを実現したテギメント加工とPVD加工を施し、強い衝撃でもはずれることはありません。さらにジン独自のAr ドライテクノロジーを搭載しており、このテクノロジーにより突然の急激な温度変化にもサファイアクリスタルの風防が曇ることがありません。防水性能については、船舶や潜水艦の認証機関であるDNV GLの認定を受け、2,000mの耐圧テストをクリアした高い防水性を誇ります。

 日本でのみ50本限定の「U2.J-SBF」は、ダイバーズウォッチとしての用途を考慮し、ジンの持つ独創的なテクノロジーを満載した過酷なミッションにも最適なプロフェッショナルダイバーズウォッチです。

オメガ エディ・レッドメイン着用モデル グローブマスター マスタークロノメーター 130.53.39.21.02.001

オメガ エディ・レッドメイン着用モデル グローブマスター マスタークロノメーター 130.53.39.21.02.001

Ref. 130.53.39.21.02.001
ケース径:39mm
ケース素材:18Kセドナゴールド
ストラップ:アリゲーター
ムーブメント:自動巻き

  2015年にオメガのアンバサダーとなったエディは、オメガのことを「歴史あるブランドであることがとても気にいっています。一緒に仕事をするのがとても楽しく、まさに家族のように感じています。」と述べました。身に着けていた『グローブマスター』について聞かれると、「コンテンポラリーなデザインでありながらも、レガシーを保ち続けているオメガというブランド自体を体現している時計だと思います。」と答えました。

  新作映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」についての話が及ぶと、「トップシークレットですし、約束は守ってもらわないと困るけれども…」と笑いを誘いながらも、自分のお気に入りのシーンや撮影中の秘話について情熱的に語ってくれました。この日、エディが着けていた「グローブマスター」は、2015年に世界で初めてスイス連邦計量・認定局(METAS)によってマスタークロノメーター認定を受けた時計です。時計製造の専門技術やオメガ伝統の精密性と優れた性能の象徴であった、初期のコンステレーションにインスパイアされたタイムレスなデザインを特徴としながら、業界最高水準の精度と耐磁性能を誇るムーブメントを内蔵しています。

パネライ サブマーシブル パネライ サブマーシブル マイク・ホーン エディション – 47mm PAM00985

パネライ サブマーシブル パネライ サブマーシブル マイク・ホーン エディション – 47mm PAM00985

Ref:PAM00985
ケース径:47mm
ケース素材:Ecoチタン™
防水性:30気圧(300m)
ストラップ:リサイクルPETのブルーストラップ
ムーブメント:自動巻き、Cal.9010(パネライ自社製)、毎時28,800振動、72時間パワーリザーブ、31石
仕様:時、分、スモールセコンド、日付、潜水経過時間表示、逆回転防止ベゼル、ケースバックにスペシャルエングレービング、パネライ特許取得のリュウズプロテクター
限定:世界限定19本

 パネライが、ブランドのアンバサダーと共に探検し、地球環境保護や自然について学ぶ体験をオーナーに提供する、世界限定19本のスペシャルバージョンを発表します。

 マイク・ホーンには2つのスピリットがあります。あらゆる障害を克服することを決意した冒険的で自由な心と、自身が愛する惑星を救うことに貢献するという信念です。この2つのスピリットは、何十年もの期間に渡って探検してきた過程で、彼が見たものを人々に伝えるよう、彼を駆り立てます。この世界でたった19本のパネライ サブマーシブル マイク・ホーン エディションのスペシャルバージョンは、唯一無二の体験を通してこの2つのスピリットに触れる機会をオーナーに提供します。北極の流氷間で行われるマイクとの数日間の集中トレーニングに参加するオーナーは、大自然と大自然が抱える問題に対峙し、人間の影響によって引き起こされる生態系への危険を自身の目で認識することができるのです。

 限定19本のサブマーシブル マイク・ホーン エディション スペシャルバージョンは、世界中のパネライブティックのみで展開されます。ユニークな体験が提供されるだけでなく、時計自体にも独自の特徴があります。リサイクルされたPET素材の特別なストラップはブルー、そしてダイヤルと逆回転防止ベゼルの夜光マーカーもブルーです。海を想起させるブルーは、マイク・ホーンとパネライの海への愛を表現するのに、もっともふさわしいカラーです。

ルガリ オクト ローマ トゥールビヨン サファイア 103157

ブルガリ オクト ローマ トゥールビヨン サファイア 103157

Ref.:103157
ケース径:44mm
ケース素材:18Kローズゴールド(サンドブラスト加工)
ストラップ:ブルーアリゲーター、18Kローズゴールド製フォールディングクラスプ
ムーブメント:手巻き、Cal.BVL 206(マニュファクチュール)
仕様:時・分表示、フライングトゥールビヨン、18Kローズゴールド製インデックス

予想を超えるイノベーションに、全方向で継続して取り組むブルガリは、「オクト ローマ トゥールビヨン サファイア」を発表しました。この比類ないウォッチの様式上の純粋さは、ウォッチメイキングにおける新しいヴィジョンを捉えています

  驚異的なスケルトン、浮遊しているかのように見えるフライングトゥールビヨンと比類のないエレガントさで、この限定エディションのウォッチは、複雑時計の新しい解釈を探求するブルガリの高度な専門技術を捉えています。

  スケルトン、バランス、美しさを重視する方に「オクト ローマ トゥールビヨン サファイア」はおすすめです。

CARL F. BUCHERER | カール F. ブヘラ マネロ フライバック 00.10919.03.33.02

CARL F. BUCHERER | カール F. ブヘラ マネロ フライバック 00.10919.03.33.02

Ref.:00.10919.03.33.02
ケース径:43.00mm
ケース厚:14.45mm
ケース素材:18Kローズゴールド
ストラップ: アントラサイトのクーズーレザー、18Kローズゴールドの穴留式フォールディングクラスプ
防水性:30m(3気圧)
ムーブメント:自動巻き、Cal.CFB 1970、25石、42時間パワーリザーブ
仕様:クロノグラフ(分積算計、1/4秒計)、フライバック(タキメーター)、日付、時、分、スモールセコンド、両面無反射コーティングドーム型サファイアクリスタル、サファイアクリスタルバック、ブラック文字盤

ローズゴールド製の新マネロ フライバックは、この多様なシリーズの8番目のモデルです。 ローズゴールド製ケースに、ブラック、シルバー、シャンパンカラーのいずれかの文字盤を組み合わせたタイムレスでクラシックなタイプ、ステンレススティール製ケースにシルバーまたはブルーグレーの文字盤を組み合わせたタイプ、あるいはステンレススティール製ケースにブラックの文字盤を組み合わせたレトロスタイルをご用意しています。これらのクロノグラフはいずれも、ルツェルン発のスイス時計製造の技をお手元で楽しんでいただける逸品です。

オメガ 2019新作「スピードマスター アポロ11号 50周年記念 リミテッドエディション

Speedmaster Apollo 11 50th Anniversary Limited Edition
スピードマスター アポロ11号 50周年記念 リミテッドエディション

Ref:310.60.42.50.99.001
ケース径:42.00mm
ケース厚:13.08mm
ケース素材:18Kムーンシャイン™ゴールド(ポリッシュ&ブラッシュ仕上げ)
防水性:50m
ストラップ:18Kムーンシャイン™ゴールド製ブレスレット(ポリッシュ&ブラッシュ仕上げ)
ムーブメント:手巻き、Cal.3861、毎時21,600振動、50時間パワーリザーブ、26石、スイス連邦計量・認定局(METAS)によるマスター クロノメーター取得
仕様:センター時・分針、クロノグラフ秒針、9時位置にスモールセコンド、3時位置に30分積算計、6時位置に12時間積算計、両面無反射コーティングを施したボックス型のサファイアクリスタルガラス風防、18Kムーンシャイン™ゴールド製ステップダイアルとベゼル、ブラックオニキスのインデックス、シースルーケースバック、特製クレーターボックスが付属(グレーセラミックのパネルに月面を3D印刷、月面の静かの海とアポロ11号の着陸地点をふたの部分にデザイン)
限定:世界限定1,014本

OMEGA(オメガ) 2019新作「スピードマスター アポロ11号 50周年記念 リミテッドエディション

タグ・ホイヤー カレラ 1887 ヘリテージクロノグラフ 外装は細かな部分に粗(あら)はあるものの、全体的な見せ方が素晴らしい

タグ・ホイヤー カレラ 1887 ヘリテージクロノグラフ 外装は細かな部分に粗(あら)はあるものの、全体的な見せ方が素晴らしい

さて、今回の「時紡ぎ」は、前回に引き続きタグ・ホイヤー カレラ 1887 ヘリテージクロノグラフです!!

dsc04174

結構真面目なスタンスで作られた、メジャーブランドの中ではコストパフォーマンス抜群のクロノグラフモデル、カレラ 1887 ヘリテージクロノグラフですが、使ってみた印象はどうなのか・・・

dsc_2547

腕に載せてみた印象は、腕時計の大型化が進んだ現在ではそれほど大きくも感じません。

ケース幅は41mm。 今となっては大して大きなサイズでもありません。

dsc04138

ブレスレットの肉厚が増えた分、重量が増えて、以前と比べると重量バランス的には釣り合ってきたような気がしますが、それでもまだやはり時計ケース本体の方が重いかな・・・という感じですね。

ただ、これは複雑機構であるクロノグラフを搭載しているので、仕方ないのかもしれません。

dsc04156

ブレスレットの裏面はこのように一応曲面処理がなされており、着け心地には配慮がなされているのですが・・・

dsc04134

なぜかそれほど着け心地は良くはない・・・(笑)

dsc04135-1

シースルーバックの裏蓋、この部分がかなり角ばった感触で手首に当たるんですよね。 パッと見の形状はかなり丸く処理されているように思えるのですが、なぜか手への当たりは良くない・・・。

さらに、この盛り上がった裏蓋によって重い時計ケースが上へと持ち上げられているので、時計ケース本体が手首に密着している感触が希薄で腕が時計に振り回されているような感触がします。

dsc04146

ブレスレットは確かにコマの肉厚が増えて重厚感が増しました。

ただ、ブレスレットの剛性感で重要なのは、コマのボリュームもさることながらコマとコマを接続している部分の構造ですよね。

imgp6685

よく考えてみればこの脆弱性は大昔のs/el(スポーツエレガンス)にまで遡ります。

このブレスレットも、装着感は本当に極上なのに横剛性が本当に弱くて、ちょっと捻るような体勢が続くと、いつの間にかコマとコマを留めるピンの部分に緩みが出てきてしまい、ある日突然腕から脱落するのです。

dsc04149

s/elからはもう20年以上経ちますが、それからもタグ・ホイヤーのブレスレットはあまり頑丈にはならず、トラブルは聞きました。

コマの肉厚が増えてブレスレットの質感が上がったことは歓迎すべきことですが、ブレスレットの重量が増えるとコマとコマを接続する部分もそれに合わせて強い構造にする必要があると思え、そう言った部分で対策が取られているのか・・・それが気になります。

パテック・フィリップ ノーチラス・クオーツ 3900/1A 小さくても抜群の存在感、これこそ雲上

パテック・フィリップ ノーチラス・クオーツ 3900/1A 小さくても抜群の存在感、これこそ雲上

そこで現れたのがこのノーチラス・クオーツでした。

やはり雲上レベルとなるとまず機械へのこだわりが強い人が多いと思うのですが、日常生活においてその機械の良さを感じ取ることができるほど敏感ではない僕にとっては別にクオーツでも十分な訳で(笑)・・・

時計ケース本体横幅が32mmと言う控えめなサイズにもかかわらず、独特の研磨とその立体感が際立つデザインで、なぜかそれほど小さくは感じない。

前からこのブログでも書いていることですが、雲上というからには他のメジャー・ブランドができないことをやってほしい。

大きさでブイブイ言わせるなんてブライトリングとかパネライ、IWCに任せておけばいいんですよ。

大きさ的に本当に使いやすいサイズ・・・手につけていることを全く感じさせない。

32mmと言うサイズは今や小ぶりとも言えるロレックスのエクスプローラー1(114270)よりもさらに4mmも小さいのに、手首では貧相とは映らず、むしろ趣味の良い存在感を放つ・・・。

たとえ機械で凝らなくても、雲上だから外装だけでもそんじょそこらのブランドとは違うことができるんですよって。

これでいいんじゃないですか?

ブライトリング ナビタイマー A232B35NP ブレスレットは剛性感もあり、仕上げのレベルも高く、高評価!!

ブライトリング ナビタイマー A232B35NP ブレスレットは剛性感もあり、仕上げのレベルも高く、高評価!!

ブレスレットに関しては、細かいコマが連なっている構造でありながらも十分に剛性感も感じられて、よくできていると思います。

クロノマットと比べてナビタイマーは重量が少し軽いからか、中古品でもそれほど伸びを感じる個体は見受けられないと思います。

全面鏡面仕上げのギラギラ感に抵抗を感じる人はいると思いますが、存在感は抜群。

ある意味、すごく個性が強いおしゃれな時計だと思います。

クラスプもしっかりと作られていますね。

剛性感もありますし、触ってみると「しん」とした冷たい感触・・・。 中堅メーカーとなるとクラスプ、特に中板で手を抜くブランドは多いですが、さすがにこのレベルのブランドになってくると手抜きなしです。

いい鉄使ってるな〜と思います。

クラスプをはずすときは、まずダブルロックを解除してから、ブレスレットとクラスプの中板の間に指を入れて・・・

このように「パキン!」とはずす感じです。

ブレスレットがジャストフィットだとこれがなかなかやりにくいのですが、ナビタイマーの場合はクロノマットと違ってそれほど重くないので、ある程度ブレスレットに余裕を持たせても気にならないかもしれません。

腕に載せてみると大きさ的に横幅41.8mmというのは抵抗を感じないギリギリの大きさですね。

見かけの割にはそれほど重さを感じないので、着け心地は悪くありません。

ただ、腕を振るとETAムーブメント特有のローターが回る「カラカラカラカラ・・・」という音が聞こえてきたりします。

これが興醒めという人は多いですね。

確かにここまで本格的な道具感を醸し出していながらも、ギラギラの鏡面仕上げというラグジュアリー感もあるという、ある意味すごく「非日常的」な時計なのに、このローターの音は合わないな〜と思った記憶が僕もあります。

そもそも航空時計というキャラクターが特殊なんですよね。

そもそも航空時計というキャラクターが特殊なんですよね。

確かに男の子は飛行機好きが多いけど、時計なるもの趣味品であるとともに、日常生活の道具であるわけで・・・

このキャラクターでありデザインである時計を果たして何パーセントの人が日常のお供として買うのだろうかと・・・

しかも、控えめが好きだけど、良いものを持っていると気づいて欲しいという嗜好を持った日本人にとってはわかりやすいほど安易な「全身ギラギラ鏡面仕上げ」というアピール方法。

さらに、ラインナップの多くの時計が横綱クラスの重量級か、老眼にはきつい計算尺付き・・・(笑) メジャーラインナップが100万円台の価格に届こうとしているモデルが多いのに、その顧客層は時計の重さや見易さにそろそろ気を配る年代・・・

いくら外装やムーブメントのクオリティーがよく、企業が真剣なプロモーション活動を行なっていても、このブランドの時計のキャラクター、そして顧客のターゲッティングのズレが、その努力を大きく相殺してしまっている印象です。

日本を有望な市場だと思ってくれたことは百歩譲って「嬉しい」と言っていいのかもしれませんが、そもそも日本人の性格を理解していたのだろうかと・・・(笑)

どれだけクオリティーを上げていい時計を作っても、このギラギラはやっぱり躊躇います・・・

一生のうちに食べるものも我慢してこんな時計を何本も買う時計キチは僕を含めて本当に一部の人間であり(笑)、普通の人は一本あれば十分なわけで、その一本にこれを買うだろうかと・・・(笑)

ブライトリングが本気モードで日本市場の開拓を狙っていたのであれば、3針のシンプルでありながらクオリティーがいいモデルを一本用意して、それをキムタクに着けてもらう方がよっぽど効果があったのでは・・・と思います(笑)

少なくとも大昔にサタデーナイトフィーバーで大売れした某ハリウッド俳優よりも効果があったのでは・・・

2023年春夏おすすめシューズ特集

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報