A・ランゲ&ゾーネの2022最新直営店がオープン!

1845年、グラスヒュッテに時計産業を興したアドルフ・ランゲ。彼が興したA・ランゲ&ゾーネは、いまなおグラスヒュッテの市街地にあり、ドイツで最も優れた時計を作っている。しかしその歴史は必ずしも順風満帆とはいえなかった。スーパーコピー時計高品質の懐中時計で名声を轟かせるが、第1次大戦後のインフレで経営は打撃を受け、第2次大戦後にはGUBに吸収合併されてしまった。ドイツ統一後の1990年に独立を果たしたものの、時計を生産できるようになったのは実に94年のことである。

2022年 A.ランゲ&ゾーネ新作 トゥールボグラフ・パーペチュアル・ハニーゴールド “F. A.ランゲへのオマージュ”706.050FE

トゥールボグラフ・パーペチュアル・ハニーゴールド “F. A.ランゲへのオマージュ”
Ref:706.050FE
ケース径:43.0mm
ケース厚:16.6mm
ケース素材:18Kハニーゴールド®
ストラップ:手縫いのダークブラウンレザー、18Kハニーゴールド®製フォールディングバックル
ムーブメント:手巻き、Cal.L133.1(ランゲ自社製)、36時間パワーリザーブ(完全巻上げ状態)、毎時21,600振動、52石(うち2石はダイヤモンド受け石)
仕様:時・分表示、トゥールビヨン、ラトラパント機能付きクロノグラフ、日付・曜日・月およびうるう年表示付き永久カレンダー、ムーンフェイズ表示、サファイアクリスタル風防(モース硬度9)、ブラックロディウム仕上げの18Kハニーゴールド®製ダイアル、レリーフ彫りの数字および目盛り
限定:世界限定50本

復活から30年ほどしか経っていないA・ランゲ&ゾーネ。しかし、ドイツのあるブランド調査ではメルセデスやBMWを抜いて1位にランクされている。ではA・ランゲ&ゾーネは、どうやってかつての名声を取り戻したのか。その答えがグラスヒュッテの工房にある。
そもそも安価な時計と高価な時計の違いは、手作業の割合の違いである。一般的には、手作業が増えるほど人件費がかさみ、そのぶん値段は高くなる。では手作業が増えるほど、時計の出来は良くなるのか。必ずしもそうとはいえないから時計は面白い。

【関連記事】:bibicopyスーパーコピー信用できるサイト

0 thoughts on “A・ランゲ&ゾーネの2022最新直営店がオープン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

信用ブランド専門店