“今年のシューズ”に選ばれたルイ・ヴィトンとナイキの「エアフォース1」のプレ値がヤバい

2022年も数多くの種類のスニーカーが誕生。その中でシューズ・オブ・ザ・イヤー(今年のシューズ)に選ばれたのは、ルイ・ヴィトンとナイキのコラボのスニーカーだった。

1,000万円超えのスニーカー 偽物サイトが2022年の顔に

ナイキ、アディダス、プーマといったスポーツブランドだけでなく、グッチやバレンシアガ、プラダなどのハイブランドまで2022年も多くの人気スニーカーが誕生。そんななか、フットウェアファンにはお馴染みの老舗フットウェアサイトFootwear Newsが、36回目となるFootwear News Achievement Awardsを発表。

2022年は特別功労賞生涯業績賞をクリスチャン・ルブタン、デザイン・オブ・ザ・イヤーをピラミッド型のヒールが特徴的なアミナ・ムアッディ、そしてコラボレーション・オブ・ザ・イヤーはマノロ・ブラニクとビルケンシュトックのコラボが受賞した。

その中でも注目度が高いのが、今年の靴を象徴するシューズ・オブ・ザ・イヤー。2022年は話題のスニーカーなどがたくさん登場したが、その中でも選ばれたのは、ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)とナイキ(Nike)がコラボしたエアフォース1。

ルイヴィトン ナイキ エアフォース1 コラボスニーカー偽物 最新

ルイ・ヴィトンは、2022年春夏メンズ・コレクションにてナイキとのコラボレーションを発表。スニーカー「エアフォース1」が披露された。
ルイ・ヴィトンの2022年春夏メンズ・コレクションが発表され、さっそく話題を呼んでいるナイキとのコラボレーションスニーカー。人気モデルの「エア フォース1」をベースに、ルイ・ヴィトンのシグネチャーであるモノグラム・パターンやダミエを配している。
シュータン部分には、スウッシュとルイ・ヴィトンのロゴを並べた特別なタグを配置。シューレースにはフランス語で“紐”を意味する“Lacet”の文字、かかと部分には“AIR”の文字が施されている。

このスニーカーは、2021年11月にこの世を去ったヴァージル・アブローがデザインしたもので、ヴァージルの遺作とも言える。2022年1月には、ルイ・ヴィトンの代名詞であるモノグラムとダミエパターンがデザインされたエアフォース1が、先行で200足だけオークションにかけられると、入札額が1,000万円を超え大きな話題に。

ルイ・ヴィトンとナイキのエアフォース1はプレ値がつけられており、現在でももし100万円で手に入れたとしても安いと言われている。

まさに2022年の靴の顔として相応しいルイ・ヴィトンとナイキのエアフォース1が、見事シューズ・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

0 thoughts on ““今年のシューズ”に選ばれたルイ・ヴィトンとナイキの「エアフォース1」のプレ値がヤバい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2022-23年人気の誕生日プレゼント

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報