ジェニファー・ローレンスが纏うディオールのオートクチュール:凝ったディテールが物語る歴史と挑戦

アカデミー賞レッドカーペットといえば、ファッションにも目が離せません。そんな中、今年プレゼンターとして出席したジェニファー・ローレンスが纏ったオートクチュールドレスが大きな注目を集めています。彼女が選んだのは、長年パートナーシップを組んでいるディオールのオートクチュールラインから、特注で作られた2024年春夏コレクションの1着です。

ローレンスといえば、レッドカーペットでの洗練されたファッションセンスで常に話題を振りまいてきました。今回ノミネートこそ逃したものの、彼女がレッドカーペットのファッションアイコンであることは疑いようがありません。

今回注目されたのは、シルクモアレと呼ばれる生地を使用したストラップレスのドレスです。黒地にアイボリーのドット柄が散りばめられ、まるで水面の波紋のように見える独特な質感は、なんと1,500時間もの手仕事を費やして作られたのだとか。オートクチュールならではの贅沢なディテールが際立ちます。

レッドカーペットでは、ドレス単体で勝負するというのが定番でしたが、ローレンスやゼンデイヤ(アルマーニ・プリヴェ)のように、近年は柄物ドレスが人気を集めています。ポイントは、ヘアメイクやアクセサリーをシンプルにまとめ、ドレスのデザインを引き立てること。ローレンスは、テニスブレスレットとネックレスというシンプルなジュエリーで、見事にドレスを際立たせています。

ローレンスのディオールオートクチュールは、単に美しいドレスというだけでなく、彼女とディオールとの長年の信頼関係や、レッドカーペットのファッションにおける新しい潮流を感じさせるものでした。今後のアカデミー賞レッドカーペットにも、さらなるファッションの進化が期待できそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おしゃれなイベントファッションの最新トレンド


特別なイベントに最適なファッショントレンドとスタイリングを探求します。おしゃれなアイテムで素敵な瞬間を演出しましょう。

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

タグ